028 海を見つめて

Count per Day
  • 6閲覧数:
遠い日の足跡

028 海を見つめて, streaming

作詞:玉川進

作曲:進藤政裕

編曲:進藤政裕


目の前に広がる暗い海
ただ一人北風に吹かれて
どこまでも続く波しぶき
もう今は雪だけが溶けていく

夕日の中に続く二つの足跡
朝日に照らされる二つの影
もたれかかる長い黒髪
遠い日々よ

どんよりと覆う重い雲
砂浜と心を包んで
粉雪が舞いこの肩に
ぬくもりも既になく積もり行く

波と戯れ遊ぶ子供達
渚を駆けていく後ろ姿
かなたからこちらを呼ぶ声
遠い日々よ


03:03

1983(S58)/03/14 完成

進藤政裕:ボーカル・キーボード

玉川進:ベース



この頃はハッピーバースデーを除いて暗い歌詞ばかり書いています。何かあったかなあ。冬に書いたので寒かったのだとは思いますが。

波の擬音が入っています。進藤政裕が後で入れたのか?いつ入れたのかわからない。

と買いたら進藤政裕から

「波の音は、当時留萌か小樽か忘れたけど、録りに行きました。曲出来たの3月で、3月に海へは行かないだろうし、後でかぶせたのかな。記憶が定かではない」

そういう話なら、普通のテープレコーダーで音を出して、それを歌を歌うマイクで拾ったのだと思います。原始的ですが最も確実な方法ですから。歌の始めの部分は私は演奏していないので、私がボリュームを操作していたのだろうと思います

 




SINTAMA youtube channel
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする